入れ歯治療

なるべく違和感を軽減した、
噛みやすい入れ歯を
ご提供いたします

入れ歯治療

入れ歯には材料も含めて非常に多くの種類があります。現在すでに入れ歯を使用されている患者様もいらっしゃると思います。
その患者様の中には、入れ歯で上手く噛むことを諦めてしまっている人がいるかもしれません。

しかし、自分の口に合う入れ歯があるかもしれませんので、諦めないでください。
以前入れ歯を使っていてその時は上手く噛めなかった方も次は上手くいくかもしれません。
入れ歯に使われる材料は年々進化しています。以前には出来なかった機能なども増えています。

自分の口に合わない入れ歯をそのまま我慢して長く使用すると顎の骨を壊してしまう場合もあります。
また、自分の口に合わない入れ歯を外しっぱなしにしていると、他の残っている歯を壊してしまう場合もあります。
入れ歯のことでお悩みであれば、まずは一度当院にご相談ください。

義歯(入れ歯)の種類について

義歯の種類について

義歯の種類には主に以下のようなものがあります。

・金属床(チタン)・金属床(コバルト)・ノンクラスプデンチャー(スマートデンチャー)・磁性アタッチメント義歯・アタッチメント義歯・インプラントオーバーデンチャー・コーヌステレスコープ義歯・リーゲルテレスコープ義歯・コンフォート加工義歯・BPS義歯

入れ歯というとどうしても「痛い」というイメージが先行してしまいますが、痛くない入れ歯として注目されているのが、「コンフォート義歯」 です。この特徴としては、歯茎にあたる部分を生体用シリコンというクッション材のようなもので覆うことにより、歯茎にかかる負担を軽減し、吸着力もアップするというものです。生体用シリコンは弾性があり柔らかいので痛みを軽減することが可能です。入れ歯が外れにくく、硬い物もしっかりと噛むことができるのがメリットです。

また、当院ではBPS義歯にも対応しています。このBPS義歯とは、精密入れ歯とも言われています。通常の義歯の場合には一度の型取りで義歯を作るのがほとんどです。そのためあまり自分の口に合わなかったり、痛みがでたりすぐに外れてしまうなどの問題が発生することも多いです。

しかし、BPS義歯は複数回型取りを行い、より精密な義歯を作ることが可能です。
通常の義歯よりも優れた最高級の材料をオーダーメイドにより作ることが出来るのが大きなメリットです。

義歯制作における
こだわり・特徴について

当院の義歯制作におけるこだわり・特徴として以下のような点が挙げられます。

歯周病を悪化させる原因

印象材とは、義歯の型をとるために使われる材料のことをいいます。シリコン印象材はより義歯の型を精密に取ることができるため当院で利用しています。

患者様の口の形にはそれぞれ違いがあります。そのため同じトレーで義歯の精密な型を取るというのは不可能です。当院では個人トレーを作成しています。これはそれぞれの患者様の口の形に合わせてトレーを1から作ります。これによってより精密な義歯の型取りを行うことが可能となります。

入れ歯を作製する場合は必ず前歯の歯並びなどを途中で患者様に見ていただき、笑った時の歯の見え方のチェックをします。この配列試適を行うことでお顔に合う入れ歯になります。入れ歯の前歯は、大切なお顔の表情の一部となります。

入れ歯を使用していると、歯茎が傷つき痛む場合があります。このような状態の時に調整剤を使用して歯茎の状態の回復をはかります。これがティッシュコンディショニングです。この調整によって歯茎が元の状態に戻り、より患者様の口に合った義歯を作ることが可能となります。義歯はただ型取りをしてその通りに作ればよいというものではありません。

患者様の状況に応じて、噛み合わせなどもしっかりと確認してそれぞれに合ったものを作成します。

入れ歯は歯科医師だけで良い物を作ることが出来るわけではありません。
専門的技術を持った歯科技工士さんと協力しながら作成します。
当院では、和田精密歯研様、入れ歯工房ともや様と協力しながら行なっています。

咬合に関して

咬合に関して

入れ歯においては、咬合、噛み合わせが非常に重要です。
当院では、咬合に関してフェイスボウ、チェックバイト、ゴシックアーチなどを使用しています。

ゴシックアーチは水平的下顎位の決定や現在の咬み合わせを把握するために用いる方法です。また、チェックバイトは顆路傾斜角測定を目的として用いる方法です。
フェイスボウは、フェイスボウトランスファーというもので、上顎歯列の位置を記録することや、下顎開閉軸の記録、上顎三角を記録、下顎運動の基準点を再現するためなどに用いられます。このような物を利用することによってそれぞれの患者様の口に出来る限り合う入れ歯を作成することが出来ます。

ページトップへ